自分磨き

おうち時間が増えたから、ホットストーンマッサージャーで極楽体験

おうち時間が増えたからホットストーンマッサージャーで極楽体験

朝活として毎朝、中強度の運動、仕事はPCなのでストレッチ等はしているものの、筋肉疲労、肩こり、腰の痛みと無縁ではありません。

かつてインドネシアのバリ島でストーンマッサージ、ウォームストーン、ストーンセラピーなどと呼ばれるマッサージをしたことがあります。

いやぁ~、じわぁぁと温かくて極楽でした~。
↓↓こういうヤツでした。

インドネシアのバリ島でやったストーンマッサージ

簡単に言うと、温めた石(ホットストーン)を使って全身をマッサージする方法です。

石の温かさや重みで、肩こりや冷え性、むくみなどの症状を改善するのにとても効果があると言われています。

筋肉のこりや痛み、詰まりに働きかけ、カラダの奥からじっくりとほぐしていくトリートメントです。身体がじんわりとあたため、ゆったりリラックスできます。

これを、おうちで、自分でやりたい!!と思い、ホットストーンマッサージャーを購入しました。
今回は、このホット―ストーンマッサージャーの体験レビューをしたいと思います。

ホットストーンマッサージャーとは?

ホットストーンマッサージャーは、天然ビアンストーン(扁平石=へんぺいせき)を温め、バイブレーション機能もあるマッサージャー。

マッサージャーの電源を入れると、ビアンストーンが温まります。

ストーンヘッドに使われているビアンストーンは伝統的な漢方医学でも使われていて、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの30を超える微量元素が含まれているそうです!

だるま
だるま

なんか身体に良さそう~!

バイブに関しては、神経を刺激し、筋肉のより深い層に到達するので、慢性的な痛みや疼痛、 肩こりや背中の上部、腰痛、脚の筋肉の緊張、肩の痛みなどの緩和に効果的だそうです。

ストーンヘッドが肌の隅々まで触れるようにマッサージするのがコツ!

ホットストーンマッサージャーが届いたので、さっそく恒例の開封の儀

来ました~~!

シンガポールから佐川急便で来たので、ポチってから1週間くらいで届きました。
ホットストーンマッサージャーは、Beauty-Devices(ビューティデバイス)という美容機器専門サイト(日本語)で購入しました。

通販恒例の開封の儀!

立派な箱に入っています。
開けていくと、おぉ、面白い形のマッサージャーとコンセントが入ってます。

ホットストーンマッサージャーの外装1
ホットストーンマッサージャーの外装2
面白い形のマッサージャーとコンセント

充電器は、マイクロUSBケーブル(タイプB)で、ACアダプターは100~240Vなので、コンセントさえ合わせれば日本でも海外でも電圧的にはどこでも使えますね。

マイクロUSBケーブル(タイプB)
ACアダプターは100~240V

早速、充電してみましょう。コンセントに差すと、赤く光りました。

2時間程、そのまま放置しておいたら、緑色に変わってました。満タンです!
フル充電で90~120分使えます。

さっそく充電
緑に変わって充電完了

実際にホットストーンマッサージャーでマッサージしてみました

まず電源をオン

まず電源をオンにしたら、青く光りました。

パネル

パネルの一番左のTemp(温度)ボタンを押すと、上部のL(低温55℃)、M(中温65℃)、H(高温75℃)へ移動していくので、Middleの中温にしてみました。

マッサージャーの黒い面

マッサージャーの黒い面が、少し経つとじわ~と温かくなってきました。

約3分で希望温度になります。

パネル

バイブも付けてみましょう。

一番右のボタンVibを1回押すと、ブルブルしだしました。
もう1回押すと強くなったので、2段階です。

強いバイブでやってみます。

運動で凝っている、ふくらはぎにストーンセラピースタート
(汚い足でスミマセン・・・・泣)

運動で凝っている、ふくらはぎにストーンセラピースタート!

軽く押し当ててみると、じわぁぁと温かくて気持ちい~。バイブが程良い感じ!

バイブを切ると、温かいものを当てているだけで、ちょっと物足りない感じ。
バイブ強が私には合っています。

そのままやってしまいましたが、マッサージオイルやクリームをマッサージしたい部分に塗って、マッサージヘッドを軽く円を描くように、上から下に向かって軽く押しながらマッサージするのが正しい方法だそうです。

ホットストーンマッサージャーのメリットとデメリット

ホットマッサージャーを使ってみて、私が感じたメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

メリット

●お手軽
ホットストーンマッサージを自分でしようとすると、お湯をはって石を温めてから石を拭いて・・・と工程がめんどくさいです。これなら、簡単。

●温感マッサージが気持ちいい
普通のマッサージだと押したり、揉んだりするだけですが、温度が加わることで血液の循環が良くなるような感じがします。

●充電式のコードレスで、電圧の幅も100~240Vなので、出張・海外旅行にも持っていける。

デメリット

●スマホを見ながらマッサージはちょっとやり辛い
重みのあるマッサージャーで押し当てて円を描くように片手を動かしているので、スマホをスクロールしたり、クリックしたりはちょっと難しいです。テレビを見ながらなら大丈夫そう。

●400gなので長時間は疲れてくる
マッサージャーの重量は400g。
最初は良いのですが、1時間とかやるにはだんだん掴んでるのが疲れてきます。20~30分程度なら大丈夫です。

まとめ

エステでやってもらえるストーンセラピーを自分でやるのは難しいけど、ボタン1つで石が温まって、マッサージしたい場所に当てながら円を描くだけだから、お手軽!

温感マッサージなので、じわぁぁっという温かさが心地よく、冷え対策にもなりそう。
肩や、足以外にも、お腹などもやっていこうと思います。

おうちで、セルフマッサージしたいなら、ホットストーンマッサージャー、おススメです!

\ブログランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!/
\ブログランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!/
\いいね・シェアをよろしくお願いします!/
\いいね・フォローをよろしくお願いします/
自分でやる