暮らし

万が一に備えて防災対策を考え、ちゃんと準備していますか

万が一に備えて防災対策を考え、ちゃんと準備していますか

諸外国に比べると、日本は災害大国と呼ばれるくらい、毎年のように様々な災害が起こっています。
ここ最近、日本で起きている災害と言えば、豪雨、台風、地震、大雨・暴風、噴火、豪雨による土砂災害、豪雪、津波などがあります。

いつ発生するか分からない災害のために、日ごろの備えしてますか?
災害が起こってからは、パニック状態で避難するのが精いっぱいです。

災害が起こる前に、災害が起こった場面を想定して対策をしておく必要があります。
『備えあれば憂いなし』とは良く言ったものです!
事前に準備できることは最低限することが、マストです。

まず非常用バッグを準備とその中身

災害が起きた時に、命(身)を守るために最低限のものを自宅から持ち出して避難する非常用バッグを準備しましょう。避難しやすいリュックタイプが多いです。

非常用バッグ

一次持ち出し用に最低限準備したい物リスト

飲料水家族分1人1日3リットルが目安。非常用持ち出し袋に入れるのは1人につき500mlのペットボトル2本程度。
非常食家族分保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など。避難所に大量の食料を持ち込む必要はありません。飴、お菓子、ゼリーなど好きなモノも入れておくと良い
貴重品現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など
モバイルバッテリー/電池情報収集のために、スマホやラジオが使えるように
医薬品、お薬手帳消毒薬、胃薬、解熱薬など
アルミシート(防寒用)家族分エマージェンシーシートと呼ばれる銀の薄いシート。かさばらないのであると入れておくべき
衛生用品家族分マスク、消毒液、石鹸、歯ブラシ、洗口液等、オムツ、生理用品(特に生理用品やオムツの支援は遅いので3日分用意しておきます
簡易食器セット家族分サランラップを1本加えておくと、貴重な水でお皿を洗わずに済みます
懐中電灯/ロウソク/ライター停電が続く場合のケースを考えて。ヘッドライトも良いです
雨具家族分雨合羽
タオル大小を適宜に
衣類家族分重ね着のできる衣類、防寒具、下着類、靴下
洗面道具液体歯磨き、歯ブラシ、石鹸、水の要らないシャンプー
ビニール袋大、小、黒(黒はトイレの代用の汚物用)があると便利
筆記用具必要です
ハサミ、ナイフ、爪切りあると便利。特に避難生活が長期化した時に爪切りはありがたい
ティッシュ/ウエットティッシュ必要です
ホイッスル助けを求めるときに叫ばないで音が出せる

以上が最低限持ち出したいモノですが、他にも老眼鏡、簡易トイレ、寝袋、耳栓、軍手、毛布、カイロなど必要に応じて追加してください。

ちなみに、災害時の電源の確保についてポータブルバッテリーについてはこちら↓↓

防災のプロが選んだ市販の防災バッグもあり

忙しい人や、自分で細々と揃えるのがメンドクサイ場合、市販の防災バッグを購入して、それに個人的に追加するのもアリです。
プロが用意しているものなので、結構頼もしい感じもします。

ディフィンドフューチャー

防災士が作った3日間生き抜くための防災セット『Defend Future(ディフェンドフューチャー)』

・防災のプロである防災士認定、厳選した防災セット
・断水・停電を想定して作られている
・1人用36種類39点、2人用36種類70点
・何を揃えていいか分からない人におススメ
・個人以外にも企業や自治体にも売れている
・スタイリッシュなデザインでコスパも良い
・防災士が選んでいるのでこだわりが感じられて安心感がある

防災セットメーカーLA・PITAが開発した防災セットを扱うメーカー直営通販『アットレスキュー』

・日本最大級の防災用品販売サイト
・災害時を想定して防災士と共に企画開発した防災セット
・防水タイプのラピタ、大容量のSHELTERシリーズ、キャリータイプのものすごいキャリー
・個人家庭から法人までまとめ買いもあり
・防災業界ではトップブランド
・防災バッグ以外にも様々な商品の取り扱いあり

家庭内備蓄も始めよう

家庭内備蓄

避難所生活ではない想定で、自宅で過ごせる場合のために家庭内備蓄も必要です。
落雷、台風、地震などの自然災害に限らず、体調不良や住居の断水など身近な不測の事態にも役立ちます。

だるま
だるま

ウチは、今回のコロナ禍で家庭内備蓄を始めたよ。

飲料水、1人1日3リットルが目安(家族3人で2リットルペットボトル12本~18本用意。飲用のみで3~4日分)。
食料品は、レトルト食品、カップラーメン・みそ汁、缶詰、乾麺類、米など普段から主食にしやすい食品や、お菓子類。
衛生品として、トイレットペーパー類、マスク、ハンドソープ、ウエットティッシュ、アルコールスプレー、生理用品・おむつ類。

日頃からストックを持って切らさないように、古いものから使っていくと管理しやすいと思います。
カセットコンロとガスボンベも合わせて準備しておき、最低限加熱できるようにしておくとよいです。

家族の連絡先・連絡方法を確認しておく

大事な家族の携帯電話番号を全部覚えていますか?
携帯電話・スマートフォンの連絡先は、アナログのメモで用意しておきましょう。

携帯電話に登録機能があるので、家族の電話番号を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。また、連絡先を忘れてしまった時だけでなく、自分自身が被災してケガなどをした場合にも役立ちます。

まとめ

地震や台風のニュースがあると、ウチもやっておかなきゃと思う防災対策。
是非、始めてください。避難用の防災バッグ、家庭用備蓄、連絡先をまとめることは最低限のことです。
これ以上に、もっと色々と出来る準備があるとは思いますが、とりあえず、防災対策のはじめの第一歩として提案します。

防災バッグ、家庭用備蓄は、必ず定期的に見直しをしましょう。賞味期限、劣化、サイズが変わったりもしています。

そして置き場所も考えましょう。寝室、玄関など。押し入れの奥なんてダメですよ!

備えあれば憂いなし。守る家族がいるのであれば、尚更、1人暮らしの人も自分の身(命)を守るために準備しましょう。

\ブログランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!/
\ブログランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!/
\いいね・シェアをよろしくお願いします!/
\いいね・フォローをよろしくお願いします/
自分でやる